エレンディア図書館

エレンディア図書館 > 約束の地リヴィエラ > チャプター場所テキスト

約束の地リヴィエラチャプター場所テキスト

Chapter.1 告死天使、降臨 (ヘヴンズゲート)

1-1 天使の眠る柩殿
古の神魔戦争で
命を落としていった
告死天使が眠る柩殿。
神々亡き後は
立入を許されていない。
1-2 岩窟へと続く道
ヘヴンズゲートの
大部分を構成する
浮遊回廊。
この先は岩窟へと
続いている。
1-3 裁きの岩窟・外壁
かつて堕天の審判を
執り行っていた岩窟。
その外周を
大きな石段が螺旋状に
築かれている。
1-4 裁きの岩窟・内部
岩窟の中腹あたりで
石段は外壁から
内部へと進入する。
岩窟内は岩の隙間から
差し込む光で明るい。
1-5 天秤岩
実際に審判が
下されていた場所。
巨大な一枚岩が
荒々しい鉄鎖で
宙吊りにされている。
1-6 レジェ連環石群
浮遊石を鉄鎖で
連結させて築いた道。
ヘヴンズゲートの
至る所で見られるが
場所としては不安定。
1-7 最果ての神殿
ヘヴンズゲートの
最南端に存在する
名もなき神殿。
風化がひどく
床石はひび割れている。
1-8 リヴィエラへの門
ヘヴンズゲートの
最南端にある
リヴィエラへのゲート。
強力な結界により
長い間、往来はない。
1-9 シルベール宮殿跡
古くは宝殿として
知られた宮殿の跡地。
神魔戦争時に崩壊し
当時の宝の殆どは
すでに失われている。

精霊の森エレンディア

フィアの家
高台にあって
街を一望できる。
家屋は2階建てで
上はルゥリの部屋と
なっている。
ピクシアの家
ピクシア一族の家。
釣り好きのカイルと
妻のミレーネ
そして2人の子供が
暮らしている。
ホビットの鍛冶屋
ホビット族の末裔
カピの鍛冶屋。
代々伝わる家宝の
トールハンマーで
様々な武器を作り出す。
水晶洞窟
並び立つ水晶の輝きが
美しい洞窟。
洞窟の奥には
魔導ギルドがあり
様々な書物がある。
ウンディーネの泉
ウンディーネが
棲んでいる泉。
森の奥にあり
いつも清涼な水が
湛えられている。
安らぎの小道
木々に囲まれた森の道。
柔らかな木漏れ日が
照らす空間は
精霊たちに安らぎの
時を与えている。
長老の家
エレンディアの長老
グラハムの家。
街のほぼ中央に
存在している。

Chapter.2 探求の果てに (黒き魔城ラクリマ)

2-1 ヴィルヘイムの丘
リヴィエラ東端の島に
そびえる断崖。
温暖な春夏にかけては
多くの渡り鳥たちが
繁殖のために到来する。
2-2 湖に架かる橋
湖上を魔城の門へと
伸びる石橋。
月光に照らされた
石像が不気味な影を
落としている。
2-3 月明かりの庭園
ラクリマ城内の敷地。
石柱が整然と立ち並び
背の低い草木が
繁茂している。
2-4 物見の塔
月明かりの庭園の
一角にそびえたつ
石造りの塔。
中の螺旋階段を通って
屋上へと行ける。
2-5 空中回廊
屋上に張り巡らされた
高所の回廊。
館と館とを結び
非常時の連絡路として
機能していたようだ。
2-6 魔城内部
薄暗い城内を
燭台の蒼白い炎が
照らしている。
奇妙な形状の
ナイト像が並ぶ。
2-7 中庭
手入れが隅々まで
行き届いていて
一角には泉もある。
中庭を抜けた先は
封魔の館に至る。
2-8 封魔の館
魔城最奥の離れに
建てられた館。
ここには魔神が
封ぜられているという…
2-9 地下牢獄
魔城地下に広がる
石造りの巨大な牢獄。
魔獣の檻だったとも
いわれ、大きな鎖が
横たわっている。

Chapter.3 インフェルノス (ネルデ巨樹遺跡)

3-1 妖しの森ヴィーゼ
エレンディア南部に
広がる深き森。
豊かな自然は
幾多の動植物を
育んでいる。
3-2 巨樹遺跡
古代王国の遺跡と
巨樹の幹枝が融合し
1つの建造物を
形成している。
3-3 巨樹遺跡・上層
大きくうねる巨樹の
幹枝が天に向かって
伸びている。
足場は風雨に痛み
脆くなっている。
3-4 怪鳥ペルガの巣
巨樹の枝葉に
作られたペルガの巣。
ペルガは獰猛な怪鳥と
して知られ、繁殖期は
とくに危険である。
3-5 巨樹の洞
巨樹の幹が腐り
ポッカリとあいた
自然の洞穴。
多湿な環境から
菌類が多く生息する。
3-6 木組みの足場
巨樹から切り出した
木材を組んで
築かれた足場。
古代に作られた物とは
思えないほど丈夫。
3-7 コロニー跡
飛竜の繁殖地だった
場所。
かつては多くの飛竜が
存在し、あちこちに
コロニーが見られた。
3-8 巨樹の頂
巨樹遺跡の最上層。
その頂には
一際大きな飛竜が
群れの王として
君臨していたという。
3-9 王家の墓
ネルデ一帯に栄えた
古ラビノン王国の
王家一族の墓。
深き森の何処かに
ひっそりと存在する。

Chapter.4 沈みゆく叡智と遺産 (水没都市テティス)

4-1 湖底洞窟
テティス湖畔の
下を通る地底洞窟。
湖底から染み出る水が
天井から硬い地面に
滴り落ちる。
4-2 沈みゆく島
テティス湖の中央に
浮かぶ島。
古の天災により、島の
大半が湖底に消えた。
今も沈み続けている…
4-3 カルネア地区
島には天使が築いたと
される壮麗な都市が
今なお残っている。
カルネア地区は
低地に広がる居住区域。
4-4 コロッセオ
カルネア地区郊外に
ある円形闘技場。
剣闘士や猛獣による
闘技が日々開催され
賑わっていた。
4-5 アウラの白き台地
島の中腹に広がる
カルスト台地。
石灰岩地質で、色白の
鉱石が多いことから
白い台地と呼ばれる。
4-6 聖クレモンヌ教区
島の高地になると
宗教色を帯びた街並み
が広がっている。
教会や聖堂も多く
見られる神聖な区域。
4-7 ミゼル・ブリッジ
天使が舞い降りたと
いわれる聖なる橋。
島の頂にそびえる
フレーベル大聖堂への
掛け橋となっている。
4-8 フレーベル大聖堂
堕天使降臨の地と
いわれる島の頂に
築かれた荘厳な大聖堂。
聖堂内部には巨大な
女神群像が存在する。
4-9 大聖堂書庫
大聖堂内部にある書庫。
リヴィエラ黎明期や
神代に記された
書物や文献もあり
蔵書は相当数に及ぶ。

Chapter.5 不死なる者たち (ミレノ地下霊園)

5-1 滅びのミレノ
リヴィエラ北東の
山岳地帯に拓かれた街。
廃墟になって久しく
地底には霊園が
広がっているという。
5-2 巡礼の道
ミレノ地下に広がる
洞窟に伸びている
細く薄暗い道。
両側には炎が炊かれ
地下霊園へと導く。
5-3 霊園入口
巡礼の道を行った先に
ある開けた場所。
シダ植物が蔓を伸ばす
岩壁に、南北二つの
霊園への入口がある。
5-4 地底湖
雨水が地下に溜まって
できた広大な湖。
湖水は透明度が高い為
一見浅そうだが
実は結構な深さがある。
5-5 北窟の霊園
北側に位置する霊園。
ゼノン、ロキヌス、
アスクスという名の
3人の司祭が
ここに眠っている。
5-6 南窟の霊園
南側に位置する霊園。
ユミール、イデュナ、
テュールという名の
3人の司祭が
ここに眠っている。
5-7 クリスタルの祭殿
巨大なクリスタルが
奉られている祭殿。
クリスタル内部から
放たれる淡い光が
闇を照らしている。
5-8 死の聖地ピエタ
地底湖の奥に存在する
死を司る闇の聖地。
強烈な瘴気が
この地に訪れる者を
死へと誘ってきた。
5-9 冥府への扉
地底深くに存在する
人知れずの場所。
凍てつくように冷たい
蒼き空間の奥には
一体何があるのか…

Chapter.6 約束の地

6-1 ペセタ群生沼
ユグドラル領域の
最下層に広がる湖沼。
ペセタと呼ばれる
水棲植物が一帯に
群生している。
6-2 螺旋晶石
ユグドラル最下層から
伸びる細長い角柱。
世界樹ユグドラを
取り囲むように
螺旋状に立ち並ぶ。
6-3 浮遊マナリス圏
ユグドラル下層に
浮かぶ浮遊石群。
死石化したマナリスが
螺旋状に連なり
足場を形成している。
6-4 悠久のエデン
ユグドラル中階層に
浮かぶ環状庭園。
世界樹ユグドラ中心に
幾重にも展開している。
6-5 世界樹ユグドラ
ユグドラル領域の
中心に伸びる聖なる樹。
すべての生命の源と
言い伝えられている。
6-6 アクアリウム
神々の創造物で
ユグドラル領域の
制御機構を司る。
全3基のユニットで
構成されている。
6-7 ディヴァインレイ
ユグドラル上層部。
聖なる蒼光に
満たされた空間。
クリスタルファイバーが
迷路のように張り巡る。
6-8 神ノ叡智眠ル場所
ユグドラル最上部。
世界樹ユグドラが包む
リヴィエラ中枢聖域。
神々の叡智を集約した
マナリスが存在する。
6-9 崩れかけの庭園
アクアリウム1st
ユニットがあった場所。
強い衝撃を受け
庭園には崩壊の時が
近づいている。

Chapter.7 深き闇の中で…

7-1 クレモネイア層
闇に染まった
ヘヴンズゲートの一端。
巨石が階段状に堆積し
クレモネイア層と
称される場所。
7-2 ルートMX127
ヘヴンズゲートに
存在する主要路の一つ。
ゴリアテの島とを
結ぶ目的で
神代後期に構築された。
7-3 ゴリアテの島
ゴートの七賢の一人
ヘクターの居城が
存在する島。
闇の結界により
所在不明となっていた。
7-4 闇に至る道
ヘクターの居城
「常闇の迷宮」へと
至る道。
大きく蛇行している為
道のりは結構ある。
7-5 緋のフラウ
常闇の迷宮内部に
展開する
レデュオン3層の一つ。
紅い光に映し出された
緋色のレイヤー。
7-6 碧のエルペ
常闇の迷宮内部に
展開する
レデュオン3層の一つ。
緑の光に映し出された
碧色のレイヤー。
7-7 蒼のソラノ
常闇の迷宮内部に
展開する
レデュオン3層の一つ。
青い光に映し出された
蒼色のレイヤー。
7-8 神々を臨む頂
常闇の迷宮の最深層。
レデュオン3層の
歪みに存在する
第4のレイヤー。
ヘクターが存在する。
7-9 グラダナ砦跡
神魔戦争において
ヘクター師団が展開し
魔族に応戦した砦。
今でも戦禍の傷跡が
随所に残っている。

Chapter.8 冥府と云われる場所

8-1 断罪の地
リヴィエラの
地底深くに存在する
混沌の領域。
眠れる冥王ハーデスが
君臨する。
エレンディア図書館 ©2004 〜2018校倉 : Since 2004/07/11